ウェブ制作用語辞典

ツリー構造

ツリー構造とは、データ格納構造モデルの一つで、木構造となってデータを格納する方法です。一般的には、バイナリーツリー構造(二分木)が利用されています。二分木では、一番上位にあるルートからリーフ(葉:末端)までの構造を持ちます。ルートは、木にたとえると幹になります。そして、ルートとリーフの間にあるのは枝になります。これらの枝は、データを検索する際のノードと呼ばれ、データのリンク付けの役割を果たします。ルートからリーフまでの階層が大きいとデータの検索に時間がかかりますので、ある有名なデータべースソフトウェアは、この階層が4以下になるように設計することを推奨しています。ツリー構造は、データ格納モデルの基本ですからしっかり構造を理解しましょう。

ツリー構造に関連するキーワード



イケサイ新着登録サイト

イケてるWebサイト制作会社をお探しの方へ

イケサイに掲載されているようなウェブサイトを作りたい、スマートフォンサイトを作りたいという方は下記の見積もり依頼フォームからお問い合わせ下さい。




WEBデザイン登録

イケてるWEBデザインのサイトを募集中です。リニューアルされたサイトのご報告もお待ちしています。