ウェブ制作用語辞典

ユニコード

ユニコードとは、文字コードの規格の一つで、世界で使用されている全ての文字を表すために策定されました。
もともとユニコードは2バイトコードで、最大65536通りの文字コードを定義できれば十分という方針でしたが、実際には更に多くの文字コードが必要となり、2バイトを超える文字コードも含まれるようになりました。
ユニコードには幾つかの符号化スキームが定義されています。
最もよく利用されているのがUTF-8で、1文字が8ビットで定義され、英数字を表現するためのASCIIコードと互換性があります。UTF-16は1文字を16ビットまたは32ビットで定義したもので、Windows XPの内部コードとして知られており、その他にもUTF-7やUTF-32などがあります。

イケサイ新着登録サイト

イケてるWebサイト制作会社をお探しの方へ

イケサイに掲載されているようなウェブサイトを作りたい、スマートフォンサイトを作りたいという方は下記の見積もり依頼フォームからお問い合わせ下さい。




WEBデザイン登録

イケてるWEBデザインのサイトを募集中です。リニューアルされたサイトのご報告もお待ちしています。