ウェブ制作用語辞典

リッチメディアコンテンツ

リッチメディアコンテンツとは、動きの無いテキストや画像だけなく、動きのある映像やアニメーション、コンピューターグラフィックス、音楽や声を用いた動きのあるコンテンツのことです。インターネットのサイトを構成する場合、サイトを記述する言語である従来のHTMLでは基本的に動きの無いサイトを作ることしか考えられていないため、動きのあるサイトを作るにはさまざまな追加の仕掛けが必要でした。HTMLが基本であることは今も変わりませんが、HTML自体も進化し、またさまざまな手法で動きのあるサイトの作成がより簡単になっています。このため、リッチメディアコンテンツを利用しやすい環境が整っています。
このリッチメディアコンテンツを使うメリットは、サイトを訪れた人が直感的に内容を理解できたり、内容がしっかり伝わったり、双方向のアクションが可能なサイトとなるなど、そのサイトでより多くの魅力を伝えることが可能になることです。

イケサイ新着登録サイト

イケてるWebサイト制作会社をお探しの方へ

イケサイに掲載されているようなウェブサイトを作りたい、スマートフォンサイトを作りたいという方は下記の見積もり依頼フォームからお問い合わせ下さい。




WEBデザイン登録

イケてるWEBデザインのサイトを募集中です。リニューアルされたサイトのご報告もお待ちしています。