ウェブ制作用語辞典

擬似クラス

擬似クラスとは、CSSで利用するものです。最近のウェブサイト制作には、HTMLで文書を作り、それにCSSでデザインを再現するようになっています。このCSSを使うときにはいろいろなルールがありますが、この時に擬似クラスを利用することで、一般的なウェブサイトにより深い効果を与えることが出来るようになっています。ある特定の操作をしたときに文字色を変えたり、同じ要素のひとつだけ色を変えるときなどに活用します。
最近はCSSも進化し、CSS3というバージョンになりました。この時に擬似クラスの種類は増え、いろいろな書き方や活用方法ができるようになるのです。バージョンが上がることによりデザインの幅も広くなったといえるのです。

イケサイ新着登録サイト

イケてるWebサイト制作会社をお探しの方へ

イケサイに掲載されているようなウェブサイトを作りたい、スマートフォンサイトを作りたいという方は下記の見積もり依頼フォームからお問い合わせ下さい。




WEBデザイン登録

イケてるWEBデザインのサイトを募集中です。リニューアルされたサイトのご報告もお待ちしています。